インターネット生保の保険金に相続税

最近ではインターネットから申し込みができるインターネット生命保険というものがあります。インターネット生命保険も他の生命保険と同様に、入院や手術などで保険金が給付される医療保険と死亡時に保険金が支払われる死亡保険があり、一方のみの契約や、両方の保険の加入など自分の好きなプランを選ぶことが可能です。片方ずつ別々に加入するより、セットプランにして加入した方が月々の保険料が安くなることもあるので事前に確認しておきましょう。

インターネット生命保険は、インターネット上以外に営業所を持たないのが特徴です。そのため人件費や建物の維持費などがかかりません。その分、保険料が安くなっているインターネット生命保険もあります。保険の比較サイトなどで、同じ条件で保険料を調べてみるとよくわかると思います。また、保険に関する相談を受けつけているサイトなどもあるので、保険に加入したいけれどどれくらい保障をつければよいか分からない場合や、見直しに関する疑問などがある時は活用するとよいと思います。

生命保険に税金が関与してくることはご存知でしょうか。インターネット生命保険でもそれは同じです。医療保険の場合には、給付された保険金に税金はかかりません。しかし死亡保険金の場合には税金がかかります。加入する時の、契約者、被保険者、受取人の関係で、かかってくる税金が異なってきます。例えば契約者と被保険者が同一人物で、受取人が配偶者の場合には相続税がかかります。しかし、契約者と受取人が同一で、被保険者が配偶者(例、夫が妻の保険の契約者で、保険金を夫が受け取る)の場合には、保険金には所得税がかかります。

遺言書についてはきちんと手続きをきちんととることが重要です。財産分けで揉めないようにするには相続分を考えて遺言で解決することでもあり、あまり簡単に決めつけないことです。苦労するのは相続人争いで、遺産相続による対策がなければ財産を相続するにあたって悩ましい問題です。遺産分割することについて事前に考えていれば遺言は役立ち心配するほどではありません。-
相続問題についてきっちり覚悟して臨むことです。家族が一つになれるようにするについて考え続けていれば想像したよりスムーズかもしれません。いつか起こる相続問題はどの家庭でも悩ましいことです。解決できるのかは相続対策つまり遺産相続の問題は甘く考えないことが肝要です。
相続コンサルについてならここ

人生のために入った方がいいと考えられている色々な保険。未婚の私はまだ今のところ生命保険には入っていません。所帯を持つことになり自分だけでなくなればきっと生命保険に入ります。また、学資保険もきっと親になったのだから入るでしょう。保険ショップで。-



 link/ 00/ 01/ 02/