保険相談で紹介されたネット生保

私は妊娠したことをきっかけに、仕事を辞めました。産休をとって、出産したあとで仕事に復帰するという選択肢もあったのですが、出産と育児に集中したかったからです。今までは夫婦共働きでコツコツと稼いできたのですが、私が仕事を辞めたことで、我が家の収入は半分近く減るはめになってしまいました。しかし、たとえ半分になったからといって、ダンナに「今までの倍の金額を稼いできてね」と気軽にお願いすることもできません。我が家では、家計の収支を見直し、一刻も早く支出を減らす必要がでてきました。

結婚してからつけていた家計簿をじっくりとながめながら、私はあることに気付きました。家計の支出で大きいのは、生命保険会社に支払っている保険料だったのです。この金額を減らすことができれば、生活はかなり楽になるでしょう。そこで私は、近所のショッピングモール内にある保険相談の窓口に足を運びました。窓口の担当者に、現在私とダンナが契約している生命保険の内容を説明し、保険料をもっと安くする方法がないかどうか、話を聞いてみることにしたのです。すると、担当者は、インターネット生命保険の説明をしてくれました。

インターネット生命保険については、過去に何度かテレビで取り上げられているのを見て、多少の知識はありました。しかし、実際にホームページをチェックしたり、見積もりを依頼したりしたことはありません。保険相談の担当者は、パソコンを使ってインターネット生命保険会社のホームページにアクセスし、画面を見せてくれました。画面を使って、保険料の試算をしてみたところ、我が家の保険料は、かなり削減できることがわかりました。私は、現在の生命保険を解約して、インターネット生命保険に入りなおすことに決めました。

生命保険を自分で選んで契約することを安易に簡単に考えないことです。金融商品についての簡単な勉強会に参加し保険に詳しいFPなどに保険の提案をしてもらうのも効果があるのではないでしょうか。保険の見直しは相談によりいい結果になります。保険見直しをしてみましょう。思わぬいい保険に入れるかもしれません。生命保険見直しは価値あることかもしれません。
保険見直しについてならここ

近頃ではネット生保もよく目にするようになりました。個別のコンサルティングはないに等しいですが大手生保よりドンと安い保険料です。保険に詳しい友人などに相談して進めるのであれば生命保険選びと保険料負担と言う問題も悩んでいるよりも簡単かもしれません。生命保険や医療保険で安心な生活が送れるか変わります。ライフネット生命もいいでしょう。-
生命保険の保険通販もうまく使いましょう。損をしない生命保険や自動車保険を選んでいくことはやさしいことではありませんが、その見直しを落ち着いて考えて見比べて保険商品を知らないといけません。そう考えて通販で保険に入ります。意外にいい保険の組み合わせになります。生命保険の見直しでは所得保障保険が見直されています。保険通販も検討しましょう。-



 link/ 00/ 01/ 02/